ニュース

便利な大阪市内で大規模セット撮影『事例紹介:SANEI株式会社様』

2021.06.18

#事例紹介
便利な大阪市内で大規模セット撮影『事例紹介:SANEI株式会社様』

SANEI株式会社様はデザイン性に優れた水栓金具、バルブや配管などの水道用品、 キッチン、バス、シャワー、洗面、トイレなど水まわりに関する様々な製品を製造・販売されているメーカー様です。

2021年総合カタログ発刊にあたり、スチール&ムービーの住空間セット撮影を行いましたので紹介いたします。

 

【プラン設計】

最初に企業メッセージに基づいてセットプランを提案させていただきました。土間で繋がる平屋住宅における「玄関」「LDK+テラス」「BEDROOM」「ガレージ」の4つの空間それぞれに水回りスペースを設けたプランで、大きなスタジオを複数持つCASOだからこそ出来るセット撮影のプランと言えるでしょう。

 

【施工】

撮影プランの完成まで幾度となく打合せを重ね約3ヶ月の期間をかけて準備を行います。そして施工会社様とも詳細を詰めながら使用材料やアングルを想定し必要な部分だけを作るようにスケールを見直し、最終仕様になったところでセット施工のスタートです。大工さんはもちろん、今回はエイジング塗装の職人さん(全国の有名テーマパークなども担当)にも参加いただき、リアルな岩壁を作成しました。CASOの床はコンクリート仕様のため、岩壁とのマッチングもよくイメージ通りのコーディネートができました。そして水回り製品といえばやはりシャワーや水栓器具が主体になり、水がなければ絵になりません。そういった撮影用の臨場感のある仕掛けもCASOなら実現できます。

 

【撮影】

アートディレクター、ムービースタッフ、フォトグラファー、スタイリスト、ヘアメイク、モデルなど、それぞれのパートを受け持つプロフェショナルをCASOにてアサイン。撮影前日には、インテリアスタイリストさんによってコーディネートしていただいた家具や照明器具、そしてライフスタイルシーンを展開する小道具を準備していただき、セッティングが完了。そしていよいよ撮影本番。今回は延6日間かけての撮影です。カメラアングル、ライティング、大道具や小道具の配置、モデルの動きなどを細かくチェックしながら撮影が進みます。そのプロセスの中には本当にたくさんのスタッフの思いやアイデアが詰まっていて、ひとつひとつビジュアルが完成されていきます。見えなかったものがかたちになり、撮影プロデュースを行う上で本当に良かったと思える瞬間でもあります。

 

【画像作成】

撮影画像の背景に風景画像を合成する計画でライティングをおこなっているので、馴染みもよく窓ガラスなどもCG処理を行い、ハイクオリティなロケ撮影の写真のように仕上げました。ムービーもクロマキーを使用しながらよりリアルな空間動画が制作され、色々な手法を取り入れることで、「実写+CG」の良い部分を追求した表現となりました。納品画像は撮影プロジェクトの集大成であり、そのクオリティは、お客様にもご満足いただいております。

 

また、「実写(セット)+3DCG(商品)」や「フル3DCG」による空間画像制作、他にも「モデル撮影」「商品撮影」など、様々なジャンルの撮影において、長年の実績とノウハウを生かし、お客様のニーズに合った撮影をご提案・プロデュースを行います。

大阪では数少ない大型撮影スタジオをお探しの方はどうぞ、お気軽にCASOまでお問い合わせ下さい。

BACK