ニュース

スタジオ&ロケ同時撮影! モデル起用のアパレル撮影をプロデュース

2021.08.02

#事例紹介
スタジオ&ロケ同時撮影! モデル起用のアパレル撮影をプロデュース

『事例紹介:松居産業株式会社様/リーフレット制作』

松居産業株式会社様は京都の老舗アパレルメーカーで、フランスやイタリアの生地を使用した、クオリティの高いアパレル商品を扱っておられます。今回は2021-22秋冬コレクションのリーフレット制作をご依頼いただきました。

お客様からいただいたご要望は3点。

・外国人のモデルさんを起用して雰囲気良く撮影したい。

・従来のものからイメージを変え、なおかつクオリティーをUPしたい。

・経験豊富なスタイリストさんに担当してもらいたい。

 

【企画・デザイン】

お打ち合わせの後、ご希望に沿った内容でいくつかのデザインラフをご提案。今回は観音開き型のリーフレットで、2つの異なる商品イメージを表現するために、スタジオ撮影とロケ撮影、両方を行うことになりました。

 

【準備】

ベテランスタイリストと一緒にコーディネイト会議に同席、商品の内容を詳しくお伺いし、それぞれの商品に合ったコーディネイトや小道具を準備いたしました。また、モデルについても会議の場でコンポジットをご提案させていただき、今回の商品イメージに合ったモデルさんをセレクトしていただきました。いただいた撮影商品リストを元に撮影計画を立案、カメラマン・ヘアメイク・ロケ場所と必要な手配は全てこちらで行います。

 

 

【撮影】

撮影日当日、モデル・撮影スタッフ・クライアント様、CASOに集合して撮影開始です。午前中はホリゾントとバンクライトがあるFスタジオを使用、当日は生憎の雨ですが、スタジオ内での撮影ですから快適です。午後になり雨もすっかり上がったので、ロケーション撮影に移行。わざわざロケバスを用意したり、別日を設けたりしなくても、手軽に徒歩圏内でスタジオ・ロケ両方のシチュエーションで撮影できるのもCASOの魅力の一つです。外国人モデルを起用して撮影したビジュアルはもうほとんど日本とは思えない仕上がりです。

 

【データ作成・色校正】

撮影後、画像をセレクトしていただき、色調調整などを行います。色目の難しいアパレルの商品色をご確認いただくために、今回は校正紙を出力し、ご確認いただきました。仕上がったデータを入校、印刷をしてご納品、これにて今回の業務終了です。

モデル協力:株式会社ビサージュ

 

シーサイドスタジオCASOでは「スタジオレンタル」だけではなく、今回のようなリーフレットの制作から、カタログやwebサイトまで、特に撮影を中心とした広告制作を幅広く行っています。また、モデルキャスティングに関しては日本人・外国人問わず、幅広いネットワークを持ち、オーデイション形式での選考も承っております。大手芸能事務所の所属モデル・タレントさんを含め、ご相談の内容に応じて提案させていただきます。

BACK